医療的ケアシッター ナンシー | 認定NPO法人フローレンス

利用申し込み

フローレンスの新たな挑戦! \2019年9月本格スタート/ 看護師による
医療的ケア児のためのシッター

医療的ケアシッター ナンシー | 認定NPO法人フローレンス ナンシー 医療的ケアシッター ナンシー | 認定NPO法人フローレンス ナンシー

「やってみたい」を
一緒に叶える。about NANCY

医療的ケアシッター ナンシーは
看護師が毎週決まった時間にご自宅へ訪問し、
医療的ケアのあるお子さんと、
そのご家族をサポートします。

"もっと外で遊びたい"
  "もっと勉強したい"
というお子さんの「やってみたい」

"少しでも気の休まる時間を持ちたい"
  "買い物や用事を済ませに行きたい"
という親御さんの「やってみたい」

そんなささやかな親子の
「やってみたい」に寄り添い、
一緒に叶えていきます。

ナンシーの3つの特徴Nancy’s points

医療的ケア対応

医療的ケア対応

小児科経験豊富な看護師が訪問するため、
吸引・経管栄養の対応も可能です。
(人工呼吸のお子さんも含む)

保護者は外出OK

保護者は外出OK

看護師は担当制です。
安心・安全なサポートを行ないます。
お預かり中、保護者の方は
自由にしていただいて構いません。

利用料は自治体から補助

利用料は自治体から補助

障害福祉の制度を活用するため、
私費で負担いただくサービスよりも
抑えた金額で、サービスを提供します。

ナンシーの利用例Cases

ナンシーでは2019年9月の
本格サービスインに向けて、
いくつかのご家庭にトライアルとして
ご利用いただいています。

ナンシーによるお預かりの時間が叶えた、
親子の「やってみたい」を紹介します。

医ケア児家族に自分の時間を
子どもの興味と発達に合わせた活動をレスパイト・ケア

レスパイト・ケア

Aくんは、好奇心旺盛な中学生です。
寝たきりで、人工呼吸器を24時間つけており、今はお母さんがつきっきりで介護をしています。離れられるのはわずかな時間。
その間に家事をするだけでも精一杯の状態です。

しかし、Aくんもそろそろお年頃。
お母さんは、自分の休息だけでなく、Aくんにももう少し親と離れた自分だけの世界が必要だと考えていました。

ナンシーでは看護師が訪問するため、Aくんを安全にお預かりすることができます。また、訪問看護に福祉の制度を組み合わせることにより、1日2時間、週2回ほどお預かりすることが可能となりました。
お預かりの時間は、Aくんの興味を大切にしながら過ごしています。
Aくんは言葉での反応がわずかのため、担当の看護師が注意深く関わりながら、過ごし方を決めています。最近は、兄弟がやっているゲームをやってみたいと感じてることがわかり、口角の動きを利用してインベーダーゲームをしました。

その間お母さんはゆっくりお買い物に出かけたり、まだ小さな弟たちとの時間をゆっくり過ごすことができるようになりました。

ナンシーの時間は、親子それぞれの「自分らしい時間を過ごしたい」を叶えています。

ご利用案内Information

利用対象

  • 23区内在住で、0~18歳までの児童
  • ヒアリングにおいてお預かりが可能と判断された医ケア児・障害児
  • 保育要件は不要(就労の条件はありません)
    ※発達障害のみのお子さんは対象となりません。

利用可能日

月~金(土、日、祝日および年末年始を除く)

利用可能時間

9:00~18:00の2,3時間程度

訪問回数

週に2回程度(要相談)

利用料

法律の定めに従い算定します。なお自己負担は所得に応じた負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量に関わらず、それ以上の負担は生じません。
別途、訪問・利用時間中の移動にかかる交通費や活動にかかる材料費等を実費でいただきます。

利用例※世帯年収500万円の場合

利用制度:
居宅訪問型児童発達支援、居宅介護

利用頻度:
週2回、2時間利用

月額利用料:4,600円 + 交通費

利用開始までの流れ

Step1

申込み・問合せ

こちらのフォームからお申込みをお願いします。

利用申し込み
Step2

担当者からご連絡

フォームの内容を確認し、弊会の担当者からとの面談を設定します。

Step3

訪問面談

ご自宅へ訪問し、制度や利用内容の説明をします。

よくある質問Questions

利用できる制度とは具体的にどのようなものになりますか?
ナンシーでは、ご利用者さんに合わせて以下の制度を利用します。
  • 居宅訪問型児童発達支援事業(標準60分)
    お子さんの成長発達にあわせた個別療育を行います。
  • 居宅介護事業(30分単位)
    整容や食事や排泄等、日常生活支援を行います。
    吸引や経管栄養の対応も可能です。
  • 移動支援事業(30分単位)
    外出をサポートします。
  • 訪問看護(標準60分)
    訪問看護ステーションジャンヌの看護師が医療的ケアを行います。
  • 重症心身障害児者等在宅レスパイト(最大4時間)
    家族等の負担軽減を図ることを目的として、一定時間医療的ケアを提供します。
留守番もお願いできますか?
看護師が訪問するため医療的ケアも行うことができます。お預かり中は保護者の方は自由に行動していただいて構いません。(在宅いただくことも可能です)
療育センターや特別支援学校への送り迎え同行もお願いできますか?
移動支援制度を利用できる場合、療育センターや特別支援学校への送り迎えに対応しています。
※自治体によって送迎可能な場所に制限があります。詳しくはお問い合わせください。
就労していないですが利用は可能ですか?
ナンシーは就労していなくてもお申込みいただけます。
利用時間中はどのように過ごしているのですか?
医療的ケアと日常生活援助に加え、発達に応じた遊びやお勉強サポート、外出支援などを個々の要望に応じて行っています。
利用希望以外の問合せはどうしたらよいですか?
フォームにて承っております。こちらのフォームから入力をお願い致します。随時メールにて対応させていただきます。
>お問い合わせフォーム

ナンシーが目指す社会Our Goal

ナンシーが目指す社会

「ナンシー」はトーマス・エジソンの母親の名前にちなんで命名しました。
発明王とよばれたエジソンですが、少年時代は強すぎる好奇心が故に学校生活にフィットできず、小学校を3ヶ月で退学となってしまいます。母・ナンシーはエジソンの先生代わりとなり、「知りたい」「やってみたい」にとことん向き合い、その才能を開花させました。
私達も、制度のはざまで苦しむ子どもたちの「やってみたい」を一緒に叶える存在になりたい。そんな思いを込めて、私達は「ナンシー」を名乗ります。

すべての障害児家庭が
なんにでも挑戦でき、
笑って希望を描ける社会

VISION

障害児家庭の
新しいあたりまえをつくる

MISSION

採用情報

ナンシーが目指す社会

医療的ケアシッター ナンシーで
一緒に働く仲間を募集しています!

子どもが好きで、障害のあるお子さんやその親御さんを支えたい、
社会に貢献するお仕事をしたいという思いのある看護師をお待ちしています。

運営団体
フローレンスについてAbout FLORENCE

フローレンスは、「みんなで子どもたちを抱きしめ、子育てとともに何でも挑戦でき、いろんな家族の笑顔があふれる社会」の実現を目指し、子育てをめぐる様々な社会課題に取り組んでいます。
障害児専門の保育園「障害児保育園ヘレン」や「障害児訪問保育アニー」を運営してきた経験を活かし、保育事業だけでは補えない障害児家庭への支援を行う「医療的ケアシッター ナンシー」を始めます。

認定NPO法人フローレンス フローレンスオフィシャルサイト

団体名称

特定非営利活動法人 フローレンス
(認定NPO法人 フローレンス)

所在地

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-14-1 KDX神保町ビル 4F

問い合わせ先

以下のフォームからお問い合わせください。

>お問い合わせフォーム

ナンシーを応援する

医療的ケア児との生活には困難が伴いますが、まだまだサポートが不足しています。

どんな家族でも、子育てと共に何でも挑戦できるのが当たり前の社会を目指し、医療的ケアシッターナンシーを立ち上げます。

困っているご家族を一人でも多くサポートできるように、皆さまのご支援をよろしくお願いします。

ナンシーサポーター

事業立ち上げにあたり、ナンシーのビジョンに賛同いただいた合同会社西友様と村上財団様より助成をいただきました。

合同会社西友

合同会社西友

合同会社西友

村上財団


個人寄付者の皆様

ベンチャーキャピタル ANRI代表 
佐俣アンリ様

ラクスル株式会社代表取締役社長CEO 
松本恭攝様

ほか多数

TOPへ戻る